情報が氾濫している時代だからこそ、正しい情報を見極めましょう

不動産の取引には「仲介手数料」が必要です。

不動産業界はお客様からすると非常に判り難い業界ですよね。
悪い噂も多い様ですし、、、、

判り難い物の一つに「仲介手数料」があります。

最近はインターネットで調べると、多くの☆仲介手数料大幅割引☆無料!なんて情報も探せると思いますが、仲介手数料大幅割引を行う業者は、はっきり言うとこの業界では「異端」です。

お客様に取っては間違いなく有利な条件なのですが、分かり難い事もあって、昔ながらの仲介手数料で営業している業者が殆どですね。

一般的には、物件価格の3%に6万円を足して、消費税8%を加算した金額です。

これが最大無料ですよ!

でも、よく調べずに、高い仲介手数料を払う人の方が多いんですね。

広告やいままでの慣習に惑わされては駄目です!

でも何故、手数料を安く出来るのか?

それは下記をお読み下さい、

>>>>
通常、一般的な不動産業者は“売主様(不動産業者)”と“買主様(お客さま)”の両者から不動産仲介手数料を頂いております。

しかし私は、「不動産業界の悪しき慣習の、高すぎる不動産仲介手数料を無料または 安くしたい」との思いから、売主様(不動産業者)だけから不動産仲介手数料を頂いております。 しかし、売主様から仲介手数料を頂けないケースもございますので、その場合は半額以下とさせて頂いております。

手数料をいただける場合
kenoneのブログ
売主様と買主様の間に、弊社しか入らない場合、売主様から仲介手数料を頂けますので、 買主様からの不動産仲介手数料は無料にいたします。 通常一般的な仲介業者は売主様・買主様のどちらからも仲介手数料を頂いているケースです。

手数料をいただけない場合

filename561

弊社以外に売主様側に仲介業者が間に入り、売主様からの不動産仲介手数料がいただけない場合は、買主様からいただく不動産手数料は半額以下にいたします。

通常一般的な仲介業者は買主様から満額の仲介手数料を頂いているケースです

なぜ他社より安い手数料で対応出来るのか?

それは効率を追求する事により無駄を無くし、人員配置の最適化・業務のスリム化を実現したからです。
これにより不動産仲介の競合他社よりコストを下げて、同等以上のサービスが実現可能となりました。
もちろん、何より仕事が好きなんです!

たとえ不動産手数料収入が他社様より少なくても、私はお客さまから「ありがとう」という一言をいただくことがなによりの生きがいになっています。

どのような媒体の物件もお気軽にお問い合わせ下さい!
ご希望物件の掲載されているホームページのアドレスなどの情報をお送りいただくだけで、
不動産仲介手数料が無料になるか(売主物件)お調べいたします。

未公開情報満載な最新物件詳細情報をご提案させて頂きます!

「 info@kenone.co.jp 」までお気軽にご希望、ご要望をお知らせ下さい!
kenoneのブログ



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    おすすめ記事

    ページ上部へ戻る