家探しの道しるべ その4 理想の家の判断基準

さて、ここで一つとっても重要な事を申し上げます。
それは『理想の家=長く住める家』という事です。

とっても大事なのでもう一度言います。

『理想の家とは長く住める家であり、住めば都の家が最高の家』
という事です。

どういうことでしょうか?

$kenoneのブログ

まず、「家」と「他の買物」には決定的に違うところがあります。
ほとんどの買物は通常現金で購入しますよね。仮に高価なクルマや家電をローンで購入したとしても、せいぜい3~5年位のはずです。 それに対して、家はほとんど例外なくローンでの購入です。しかも、今一番多く利用されているのは35年ローンです。
洋服なら数年着れれば良いのでしょうが、家は35年(あるいはもっと長く)住むわけです。

ですから「外観がちょっと素敵!」とか「今流行のデザイナーズなんとかだから・・。」などというのは洋服やクルマの買い方です。
「その価値が果たして35年持つのか?」
と少しばかり冷静に考えて頂ければ・・・お分かり頂けるかと思います。

でも、意外にこういう方が少なくないのです。
そこで、今回はより具体的な『理想の家に出会う為の3つのポイント』をご用意致しました。

その3つのポイントとはズバリ、
1.無理の無い返済
2.ゆとりのある間取り
3.最適なエリア選び

です。

このポイント(判断基準)は、ものすごく大事です。反対にこの3つさえ間違えなければ、早期の買い替えはまず起こらないでしょう。
何故ならば、
買い替えをする方のほとんどの理由がこの3つだからです。

次のお話からこの3つのポイントを順番に説明していきます。よりわかり易くするために、チェックポイント形式ですすめていきます。

本日のポイント
1.無理の無い返済
2.ゆとりのある間取り
3.最適なエリア選び

が理想の家に出会う為の3つのポイント。
100%理想の家は無い事を頭に置いておく。
$kenoneのブログ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    おすすめ記事

    ページ上部へ戻る