家探しの道しるべ その3 購入動機について

『何故、家が欲しいのか?』
これ、極めて重要な事です。
ただ漠然と 「家賃がもったいないから、買っちゃう!」 という方が結構いらっしゃいますが、
これだけではハッキリ言って「良い買物」は出来ません。

では、『家が欲しい理由』が何故そんなに大事なのか?
それは、家探しの過程で色々な家を見ていくうちに、
判断基準がずれてくる事が多々あるからです。
では、判断基準がずれるとどうなるのか?

最悪、買い替えの要因になりかねません。

例えば、『今の住まいが狭い!』というのが家探しのそもそもの理由だったのに、色々な家を見ていくうちに、外観など他の要素に魅力を感じてしまい、広さを二の次にして家を買ってしまう。すると・・・。

買いました。 (o^ー^o)

やっぱり、もう少し広い所が良い ( ̄ー ̄)

買い替えよう! (⌒o⌒)v

ローンが残っていて、買い替えが出来ない! (ΟдΟ∥)

手詰まり。 (~ヘ~;)

ガクッ! (ノ゚o゚)ノ

実際に私が買い替えをお手伝いしてきたお客様は、このようなケースが少なくないようです。
一度買ったら、一生安心・満足して住んでいける家じゃなきゃ困る!コレ当たり前の事ですよね?
ですから、安易な判断基準で家を買わないように、何で家が欲しいのかをハッキリとさせておく必要があります。おわかりいただけましたでしょうか?

先々、迷った時には必ずこの 「何故、家を購入しようと思ったのか?」 に立ち戻って下さい。
ここさえキッチリ押さえておけば、買い替えなどにつながる大きな判断ミスは未然に防げます。

※補足/今現在、多くの方が35年ローンを利用しています。返済期間が長いので月々の負担は少ないですが、その分最初の数年はほとんど元金が減りません。 それに対して、物件は最初の数年間が一番価値が下がりますから、売ってもローンの残債が返せない場合が多いのです。「買ってすぐの買い替えは厳禁!!」 です。くれぐれもお忘れなく!!

今日のポイント
家が欲しいと思った動機をハッキリしておく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    おすすめ記事

    ページ上部へ戻る